スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://com00.blog114.fc2.com/tb.php/161-df2bc548

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

コミュニケーションスキルについて学ぼうサイトトップ >感謝 >>人の嫌がることをする?!

人の嫌がることをする?!

人の嫌がることをする?!

人の嫌がることはしない。
人の喜ぶことをしよう。
なんて、言われてきましたよね。

遠くを振り返ってみると、
学校に通っている頃、
教室に、人の嫌がることをする友達がいて、
周りの人たちがイライラ、モヤモヤしていると、
センセーは、
先ほどのようなことを言っていたように思います。

そして、それを今まで信じてきていました。
ところが、今日、こんなことを聞いたのです。

私は人の嫌がることをする。


えっ? 
人の嫌がることをするって、
もしかして、嫌な人なの?

と、思っていましたら、
そうではありませんでした。

私は、人が嫌がってやりたくないようなことを、自分からするって言うんです。

たとえば、先ほどの学校の例なら、
子どもの嫌がることと言ったら、掃除当番とかでしょうか。
大人になってからの仕事なら、雑用ですか。

そういう、人の嫌がることをする、というのです。
初めに聞いた時には、ドキッとしましたけど、
これなら、むしろ、いいことですよね。

人の嫌がることを、人にするのではなくて、
人の嫌がることを、人に代わってするんですね。
そうありたいものです。




ちょっと、つけたしておきます。

先ほどの
掃除当番と、雑用について。


学生時代、放課後、掃除をしていると、先生が話しかけてきてくれました。
部活はうまくいっているかとか、大学はどうするんだとか。
教室の中では、居場所がなかったので、とてもうれしかった思い出があります。
そして、掃除しながらよく言われたのは、
掃除は、自分の心を磨くようにするんだぞ、という言葉でした。
今でも、掃除をするときには、自分の心がきれいになるんだ、と思ってしています。
だから、掃除は、私にとっては、やりたいことに近いものです。

もう一つの、雑用について。
雑にするから、雑用になる。
というのは、よく聞く言葉ですね。
どんなことでも、本気になってやれば、雑用ではありませんよね。
お茶くみだって、コピー取りだって、ごみ箱のごみの処理だって。
ときどきは、そんなことを思い出して仕事をしています。

いつも、と言えないところが、自分の弱いところなんですよね。



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://com00.blog114.fc2.com/tb.php/161-df2bc548

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ブックマーク



キーワード

スポンサードリンク

癒しの音楽

関連書籍の紹介

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。